柴犬の性格、特徴、寿命や気をつけたい病気、飼い方、歴史をご紹介します。

柴犬とは?

日本の天然記念物に指定され、飼育頭数は最も多い犬種です。
「柴犬」という名前は中央高地で使われていたもので、文献上では、昭和初期の日本犬保存会の会誌「日本犬」で用いられている。一般的には、「柴」は「柴刈り」などの意味であり、小ぶりな雑木を指す。

柴犬の歴史

遺伝的には古くからの血を受け継ぐ現存古代犬種の一つ。
昔から本州各地で飼われ、古くから、ヤマドリ・キジなどの鳥やウサギなどの小動物の狩猟、およびそれに伴う諸作業に用いられてきた犬である。信州の川上犬、保科犬、戸隠犬、美濃の美濃柴犬、山陰の石州犬や因幡犬など、分布地域によっていくつかのグループに細分されていた。第二次世界大戦後の食糧難の時代や、その後1952年(昭和27年)に犬ジステンパーが流行したことによって頭数が激減した。
天然記念物に指定された7犬種の中で、柴犬のみが地方名を冠していない。

柴犬の特性

柴犬の一般的な特徴は、短毛・立ち耳・巻き尾などにある。毛色は赤(茶)・胡麻・黒、希に白などがあり、尾形も左巻き・右巻き・さし尾など、個体によって違う。被毛は真っ直ぐで硬いトップコートと柔らかく縮れたアンダーコートによる二重被毛であり、年2回毛が生え替わる。一般に、雌より雄の方が体高・体長ともにやや大きい。

性格は、古代犬種に良く見られるように大胆で独立心が強く、頑固な面を持ち合わせており、洋犬に慣れた人には訓練が難しい場合もある。番犬向きの警戒心が強い個体から、ペット向きで見知らぬ人にも友好的な個体までと幅広い。ただし、日本犬の一般的な性格として、主人と認めた人間に比較的忠実であり、かつ警戒心と攻撃性が強めという傾向がある。

柴犬の飼い方

柴犬は運動量が多く、小型犬の中でも筋肉量の多い犬種です。柴犬は活発で運動が大好きな犬種なので、毎日30分以上の散歩に連れていき、適度に走らせることがポイントです。

また、換毛期には毛も抜けやすくなるので、定期的にブラッシングをしてあげましょう。

病気など気をつける点

柴犬は小さな体のわりに骨格がガッチリしているため、体重が重たいです。しかし、体重が重い原因が、骨密度ではなく肥満の場合は危険です。

肥満が原因で、糖尿病や腎臓病高脂血症などを引き起こしたり、関節への影響が起きたりします。
なので、体重管理には十分気をつけましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします